SEO対策/検索上位表示方法

仙台でSEO対策なら株式会社MIRAIZU

SEO対策とは?

検索意図に合わせた上位表示対策

パソコンやスマホを使ってインターネット検索した際に、GoogleやYahoo!に表示される検索結果。これは、検索ユーザーの検索意図」に合わせて、マッチングするWEBサイトが表示されています。

つまりWEBサイトを作る側はただ作るだけではなく、WEBサイトを検索ユーザーに見てもらうために、上位表示させるための対策を施す必要があります。手がけたWEBサイトの露出が高まれば、よりたくさんの方に見ていただく機会が増えます。

SEO対策/読み方:エスイーオータイサク

WEBサイトを表示させるために利用するGoogleやYahoo!の検索サービスは「検索エンジン」と呼ばれ、その最適化を図る施策SEO対策(Search Engine Optimization)といいます。※ SEO対策の読み方は、エスイーオータイサクと読みます。

Googleの検索エンジン

検索エンジンは、

  • Google
  • Yahoo!
  • Bing

など、世の中にはいくつかのサービス・システムが存在します。

全ての検索エンジンを考慮する必要はなく、まずは「Googleの検索エンジン」を意識してWEBサイトを作れば問題ありません。現在はGoogleの検索エンジンが最も利用者が多いため、Googleで上位表示していれば自然と閲覧ユーザーは多くなります。一番、アクセス流入が確保できるため、優先度の高い検索エンジンであるといえます。

SEO対策の手法

200以上の評価基準

Googleの検索エンジンは、実に200以上の評価基準を設けて、WEBサイトの順位を決定しています。この評価基準は「検索アルゴリズム」とよばれ、1年に何度かルール改定(検索アルゴリズムアップデート)が実施されています。

検索アルゴリズムの中でも最重要事項といわれているのが、

  • コンテンツ
  • 被リンク

です。

検索ユーザーの利便性を最優先に

「コンテンツ」と「被リンク」

この2つの要素を意識しながら、検索ユーザーの利便性を最優先に考慮したページを手がけることが必要です。つまり、検索ユーザーが満足する情報(他の人に共有してくれるようなコンテンツ)を作成することが、SEO対策を行う上でとても重要な役割を果たします。

SEO対策で上位表示するための方法

検索品質評価ガイドライン

重要な3つのポイント

Googleが提示している検索品質評価ガイドラインには

  • ユーザーの検索意図
  • 信頼性
  • ユーザビリティ

以上の3つが重要であると記されています。

それらを意識したコンテンツ提供が、上位表示を目指すためのポイントです。

ユーザーの検索意図を意識

検索意図を意識する

自分自身がWEBサイト(のページ)を作成する際は、あなたのターゲットとなる検索ユーザーが「何を知りたがっているか?」「どのようなことを調べているか?」ということをイメージしないといけません。「こんな情報が欲しかった!」と思ってもらえるようなページが1番理想です。

信頼性の高いコンテンツ

Googleの検索品質評価ガイドラインでは「専門性/権威性/信頼性」を考慮したコンテンツを評価する、と明記されています。

つまり、

    • 専門性が高い情報
    • 評判の良い情報
    • 質の高い情報

    が、高く評価される(上位表示する)と言い換えることができます。

    専門性が高い情報

    1つのページ内にあれこれジャンルの違う複数の情報を混在させてしまうと、そのページは専門性が高いとは言い難くなります。1つのページに入れるコンテンツのテーマは絞るようにしましょう。

    また、信憑性の高い情報を使うには、

    • 企業の公式サイト
    • 公共機関サイト
    • 有名なサイト

    をよく調べ、それらのWEBサイトで言及されてる情報を参考にコンテンツを作成すると効果が期待できます。

    評判の良い情報

    WEBサイト作成する際に、アクセス解析は必須です。アクセス解析を実施することで、アクセス数が多いページ(評判の良い情報)と、アクセス数が少ないページ(評判の悪い情報)を見分けることができます。アクセス数が少ないページは、低品質なコンテンツといえます。

    低品質なコンテンツは

    • リライトする(内容を書き換える)
    • 削除する
    • noindexを設定する
      →Googleのロボットに読み込ませない方法

    以上のような、いくつかの手法が存在します。状況に合わせて、使い分けることが必要です。

    質の高い情報
    • 自分の体験・経験談
    • 自分独自の表現・言い回し

    を主として作成されたページは、いわゆるオリジナルコンテンツと呼ばれ、Googleから「質の高い情報」であると評価を受ける可能性が高いです。

    逆に、他のサイトを真似て、そのままコンテンツをコピーして作ったようなページは「独自性がない」と判断され、Googleから評価を下げられる傾向にあります。似たような情報しか掲載されていないが故に、検索ユーザーの利便性や信頼性を損ねるリスクがあります。

    ユーザビリティを高める

    スマホで閲覧される機会が多い現代のWEBサイトは、ユーザビリティを追求するには何が必要でしょうか?

    • 使いやすさ
    • 読みやすさ

    この2つが、とても大切です。

    この2つを考慮してページを作成することで、検索ユーザーはストレスを感じることなく、情報を得ることができます。

    ページの表示速度

    データ量の大きい画像を多用していたり、動画・GoogleMAP・Googleカレンダー・ストリートビュー(インドアビュー)等のプログラムがたくさん埋め込まれているWEBサイトは、一見便利そうに見えて、実は「ページの表示」に大きな負担をかけています。過度な使用は避けて、表示速度を意識したページを作りましょう。

    スマホ対応

    今はWEBサイトを閲覧する大多数の方が「スマホ」を使っています。そのため、スマホで見やすいサイトを作ることはとても重要なことです。スマホの保有率に伴い、Googleはスマホ対応されたWEBサイトの評価を高める意向を示しています。

    見た目の工夫
    • 適度に写真を入れる
    • 重要文にラインを引く
    • 強調文字を太字にする
    • 強調文字に色をつける

    などの工夫をして、見た目(デザイン)や文脈に配慮することも大切です。

    SSL化/HTTPS化

    「https://・・・」から始まるサイトは、セキュリティー強化されたサイトです。サイトを保護することで、ユーザーが安全にWEBサイトを閲覧することができます。

    このHTTPS化はSSL化とも呼ばれ、WEBサイトを構築したサーバーに施します。

    広告を多用しない

    私たちが閲覧するサイトの中には、クリック型のバナー広告が表示されるものが数多く存在します。この広告の表示が多すぎると、メインとなる情報が薄れてしまうため、ユーザーには毛嫌いされる可能性が高まります。

    SEO対策のまとめ

    上位表示への近道

    仙台でSEO対策ならミライズへ

    「ユーザーの検索意図」をよく理解し、「信憑性」かつ「独自性」のあるページを作成することが大切。「検索ユーザーが満足するコンテンツを用意する」というユーザー目線の行為が、Googleに評価されるためのポイントです。

    検索ユーザーの利便性を最優先にコンテンツを揃えていけば、自然に品質の高いページが増えていきます。それらのページをアクセス解析しながら、定期的に見直し、その時代のトレンドに合わせた「専門性」や「ユーザビリティ」の高いページに仕上げましょう。

    信頼性の高いWEBサイトを追求することが、上位表示への近道です。