レスポンシブWEBデザイン

レスポンシブウェブデザイン

ホームページを見る際、みなさんは何を使って閲覧していますか?

  • パソコン
  • スマホ
  • タブレット

など、昨今では様々なデバイスからWebサイトを見ることができるようになっています。

つまり、今時のWebサイトはどのデバイスからも見やすいように作る必要があります。

その際に必要なものが「レスポンシブWEBデザイン」です。
弊社では、全てのホームページにレスポンシブWEBデザインを用いて制作を進めております。

レスポンシブWEBデザインとは

近年、スマホやタブレットを使うユーザーが増加しており、画面サイズの異なるパソコンとスマホの両デバイスからホームページを見ることも珍しくありません。

見る側のツールがマルチな広がり(マルチデバイス)に対応するために、「レスポンシブWEBデザイン」を導入しどのような端末からでも最適で見やすいホームページを表示させる必要があります。

レスポンシブウェブデザイン

実際に、ホームページの価値を評価しているGoogleは、2015年の4月に「モバイルフレンドリーアップデート」を行い、モバイル対応しているページ(モバイルフレンドリー)の評価を引き上げる施策を実施しています。

同時に、ホームページをモバイルフレンドリーにする方法として、レスポンシブWEBデザインの適用を勧めています。

レスポンシブデザインとは

レスポンシブデザインとはデバイスの画面サイズによって、最適な表示方法に自動的に切り替わるデザインのことを言います。

従来のホームページの場合、パソコン用・スマホ用にそれぞれ作成する必要がありましたが、レスポンシブデザインの場合はその必要はありません。
一つのホームページで、パソコン・スマホ・タブレットのウインドウ幅に対応可能です。

レスポンシブWEBデザインのメリット

メンテナンスが簡単

PCサイト・スマホサイトを別々に運用している場合、「休業日のお知らせ」や「ブログ」といった簡単な作業もそれぞれ行う必要があります。
単純に作業量が倍になる以外にも、更新作業上でのミスが起こるリスクも倍増します。

対してレスポンシブデザインの場合、1度の更新でPC・スマホ・タブレット全てに対応しますので、更新作業の手間やリスクの削減につながります。

一貫性のあるコンテンツを保てる

レスポンシブウェブデザイン全てのデバイスで統一されたコンテンツ・デザインを表示するため、複数のデバイスで見比べても違和感は少なくなります。
また、更新し忘れによるコンテンツのバラつきも無くなりますので、ユーザーの混乱を防ぐことが出来ます。

例えば…

営業時間の変更をPCでは更新したが、スマホでは忘れていた。
⇒PC・スマホで確認したユーザーにとっては、どちらの情報が正しいのか分からず、混乱を招きます。

SEOに効果的

PCサイト・スマホサイトを別々で運用している場合、同一内容のページでもURLが2つに分かれてしまうため、検索エンジンはサイト構造の把握に迷ってしまいます。

例えば…

「サービス紹介」というページをPCサイト・スマホサイトに作るとします。

するとURLは、
PC   :http://○○○○.com/service/
スマホ:http://○○○○.com/sp/service/

という形で2つに分かれます。

レスポンシブデザインの場合、URLは全てのデバイスで統一されますので、検索エンジンにとってもわかりやすい構造となります。
また、Googleは正式にレスポンシブWEBデザインでの構築を推奨しています。そのような経緯からも、SEOに効果的と言われております。

レスポンシブウェブデザイン