MEO対策/ローカルSEO

今、向き合うべきMEO対策

【最終更新日】2020年7月1日

ローカルSEO/MEO対策|宮城県仙台市で検索対策代行業者は株式会社MIRAIZU

「GoogleMAP上に自分の店舗情報が出てこない」
「ネットで店舗の宣伝をしていきたいが、何から始めていいか分からない」

という方に向けて、このページを作成しました。

「MEO対策って何をすればいいの?」
「MEO対策の営業電話がきたけど、どう対処したらいい?」

実店舗用ネット広告で重要な立ち位置を担う「MEO/ローカルSEO」について解説します。

目次

MEOとは

Googleマップでの検索順位を上げる対策

ローカル検索対策|株式会社MIRAIZU

Googleの検索結果

例えば【仙台】という「地域名」と掛け合わせて、【ランチ】などのサービス名や【歯医者】などの実在する店舗を入力して検索すると、現在の仕様では

  • Googleマップ
  • Googleマイビジネス

などの、地域に存在する店舗情報やサービス情報が表示されるようになっています。

以上のように、Googleマップ上の「検索エンジン最適化」を「MEO」といいます。

MEO Map(地図)Engine(検索エンジン)Optimization(最適化)の頭文字を取った略称

Googleマイビジネス

Googleマップに表示されるビジネス情報をGoogleマイビジネスと言います。

Googleマイビジネスでは

  • 店舗や施設の名称
  • 位置情報(地図上にピンが立つ)
  • 住所
  • 電話番号
  • 営業時間/定休日
  • 口コミ
  • ビジネスの説明
  • サービスの紹介

など、検索ユーザーにとってはメリットの多いあらゆる情報が表示されます。

Googleの検索結果

たとえば【仙台】という「地域名」と掛け合わせて、【ランチ】などのサービス名や【歯医者】などの実在する店舗を入力して検索すると、現在の仕様では

  • Googleマップ
  • Googleマイビジネス

などの、地域に存在する店舗情報やサービス情報が表示されるようになっています。

以上のように、Googleマップ上の「検索エンジン最適化」を「MEO:エム・イー・オー」といいます。

MEO Map(地図)Engine(検索エンジン)Optimization(最適化)の頭文字を取った略称

Googleマイビジネス

Googleマップに表示されるビジネス情報をGoogleマイビジネスと言います。

Googleマイビジネスでは

  • 店舗や施設の名称
  • 位置情報(地図上にピンが立つ)
  • 住所
  • 電話番号
  • 営業時間/定休日
  • 口コミ
  • ビジネスの説明
  • サービスの紹介

など、検索ユーザーにとってはメリットの多いあらゆる情報が表示されます。

ローカル検索対策|株式会社MIRAIZU

ローカル検索/ローカルSEO

このように各地域の店舗情報やサービス情報を検索したり、実際に(その場所に行って)状況を調べることを「ローカル検索」と言います。
そして、そのローカル検索の最適化を図り、「正しく情報が表示されるようにする対策」「上位に表示されるように改善を図る」ための施策が「ローカルSEO」対策です。

現地でこれから行動しようとしている検索ユーザーがターゲットとなるので、ローカルSEOによる成果は大変魅力的かつ重要な要素です。

SEOとの違い

「MEO対策」と同様に「SEO対策」というワードも耳にすることは多いと思います。
どちらも「検索対策の最適化=上位表示を狙うための施策」であるという共通の目的があります。
しかし、その特性によって決定的な違いが存在します。その違いを紐解きましょう。

MEOの4つのポイント

ローカルSEO対策|株式会社MIRAIZU

1:MEOは実店舗ありき

MEO対策を施しローカル検索に対応できるのは、店舗・施設などが実際に存在するモノに限定されます。つまり、地域密着型のサービス(例:飲食店・ホテル・病院・歯医者・整骨院など)は、実際にお客さん(患者さん)が出向く場所なので、MEOによる効果を得ることができます。

反対に実店舗が存在しない情報(例:通販ショップサイト、口コミサイトなど)はGoogleマップ上に出てくることはありません。(SEOは、実店舗のない情報も検索結果として出てきます)

つまり、実店舗が存在する場合は、この「ローカル検索」に対して対策をしていく(上位を獲得するための施策をとる)方が、検索ユーザーにとってはとても親切なのです。よりあなたのビジネスを目立たせることができ、他店よりも優位に立つことが可能です。

Googleマイビジネスには、

  • 電話をかけるためのボタン
  • ホームページに飛ぶためのボタン
  • 経路を調べるためのボタン

等が表示されますので、検索ユーザーがその情報に興味さえ持てば、そのままの流れでアクション(例:店舗へ電話をかける、店舗までナビゲーションを利用して移動する)を起こすことができます。

1:MEOは実店舗ありき

MEO対策を施しローカル検索に対応できるのは、店舗・施設などが実際に存在するモノに限定されます。
つまり地域密着型のサービス(例:飲食店・ホテル・病院・歯医者・整骨院など)は、実際にお客さん(患者さん)が出向く場所なので、MEOによる効果を得ることができます。

反対に実店舗が存在しない情報(例:通販ショップサイト、口コミサイトなど)はGoogleマップ上に出てくることはありません。(SEOは、実店舗のない情報も検索結果として出てきます)

つまり実店舗が存在する場合は、この「ローカル検索」に対して対策をしていく(上位を獲得するための施策をとる)方が、検索ユーザーにとっては非常に効果的なのです。

よりあなたのビジネスを目立たせることができ、他店よりも優位に立つことが可能です。

Googleマイビジネスには、

  • 電話をかけるためのボタン
  • ホームページに飛ぶためのボタン
  • 経路を調べるためのボタン

等が表示されますので、検索ユーザーがその情報に興味さえ持てば、そのままの流れでアクション(例:店舗へ電話をかける、店舗までナビゲーションを利用して移動する)を起こすことができます。

ローカルSEO対策|株式会社MIRAIZU

2:Googleマイビジネスの登録が必須

Googleマップ上に表示される店舗情報は、Googleマイビジネスに登録された店舗・施設の情報のみが対象です。
またMEO対策によって上位表示を狙っていくためには、Googleマイビジネスの情報を充実させることが非常に重要です。Googleマイビジネスの登録方法は、別ページで解説致します。

3:表示位置の違い

MEOとSEOでは、2つの検索結果が出る位置に違いがあります。
現在、ローカル検索では、PCで検索してもスマホで検索しても、Googleマップの情報が上部に位置する(マップと共にマイビジネスの情報が掲載される)ようになっています。
それに対して、SEOはGoogleマップ(Googleマイビジネス)の下に位置します。

自然検索の検索結果を最適化するSEOよりも上に表示されることから、MEOの結果は検索ユーザーの目に触れる確率が非常に高いのです。

4:成果が出やすい

MEO対策が重要となるローカル検索では、

  • 地域が限定される
  • 競合店舗が限定される

という特性から、成果を出しやすい(上位表示を狙いやすい)分野であるといえます。
弊社の実績では、MEO対策によって即日〜1ヶ月程度で効果を確認できるケースも存在します)

一方、SEO対策は成果が出るまで長い時間要します。

SEO対策は、表示の対象となるそのサイト(ページ)の評価に起因するためです。

対処となるサイトが、

  • スマホ対応である
  • SSL対応である(セキュリティー強化)
  • コンテンツが良質である
    →メリットのある情報が載っている
  • ドメインが古い
    →長期に渡ってそのサイトを運用している
  • 多くの方に支持されている
    →例:SNSや他サイトで紹介されている

などの、様々なルールによって評価され、順位が決定されるためです。

SEOの評価基準は200通り以上あると言われています。
また上位を狙いたいキーワードによっても難易度は異なります。
成果が出るまでに1年以上時間を要してしまうことも珍しくはありません。

MEO対策が必要な理由

4つのメリット

MAP検索|株式会社MIRAIZU

1:集客力が強い

そもそもローカル検索とは、検索ユーザーが「地域とサービスジャンル」を組み合わせて検索しています。これは、「具体的な目的が明確である」とも言い換えることができます。また、現在はGoogleマップの機能がとても充実しているため、アクションを起こしやすい(例:店舗へ電話をかける、店舗までナビゲーションを利用して移動する)という点では、集客にとって大きなプラスとなることが考えられます。

2:現代社会に最適

総務省が発表している「通信利用動向調査」では、個人によるスマートフォン保有状況は64.7%(2018年の時点)という結果が出されています。毎年増加傾向の推移を継続しており、スマートフォンがいかに普及しているかを知ることができます。外出中にスマホを使ってローカル検索するユーザーにとって、MEOの情報はとても有益であるといえます。

3:競合が少ない

すべての情報ページを検索結果として表示させるSEOと比較しても、ローカル検索が対象となるMEOの方が圧倒的に競合が少なくなります。また「Googleマイビジネス」の登録が必要な点を踏まえても、MEO対策に注力している店舗・施設はまだまだ多いとはいえない状況です。

4:口コミを読んでもらいやすい

自身が提供するサービスに実績がある(または自信がある)場合は、Googleマップ上で良質な口コミを得やすい環境であると考えられます

Googleマイビジネスでは、「検索ユーザーが自由に口コミを投稿できる機能」と「マイビジネス管理者が口コミに返信できる機能」が搭載されているため、第三者の方々に店舗サービスの客観的な評価を見てもらえる機会を増やすことができます。

新たな顧客へアピールしていくためには、口コミの評価はとても重要です。もちろん、悪い口コミが多い店舗(サービス)は逆効果になるリスクもあるため、良い評価を得られるように努めていくことが大切です。

1:集客力が強い

そもそもローカル検索とは、検索ユーザーが「地域とサービスジャンル」を組み合わせて検索しています。
これは、「具体的な目的が明確である」とも言い換えることができます。
また現在はGoogleマップの機能が大変充実しているため、アクションを起こしやすい(例:店舗へ電話をかける、店舗までナビゲーションを利用して移動する)という点では、集客にとって大きなプラスとなることが考えられます。

2:現代社会に最適

総務省が発表している「通信利用動向調査」では、個人によるスマートフォン保有状況は64.7%(2018年の時点)という結果が出されています。
毎年増加傾向の推移を継続しており、スマートフォンがいかに普及しているかを知ることができます。
外出中にスマホを使ってローカル検索するユーザーにとって、MEOの情報は非常に有益であるといえます。

3:競合が少ない

すべての情報ページを検索結果として表示させるSEOと比較しても、ローカル検索が対象となるMEOの方が圧倒的に競合が少なくなります。
また「Googleマイビジネス」の登録が必要な点を踏まえても、MEO対策に注力している店舗・施設はまだまだ多いとはいえない状況です。

MAP検索|株式会社MIRAIZU

4:口コミを読んでもらいやすい

自身が提供するサービスに実績がある(または自信がある)場合は、Googleマップ上で良質な口コミを得やすい環境であると考えられます

Googleマイビジネスでは、「検索ユーザーが自由に口コミを投稿できる機能」と「マイビジネス管理者が口コミに返信できる機能」が搭載されています。
第三者の方々に店舗サービスの客観的な評価を見てもらえる機会を増やすことができるのです。

新たな顧客へアピールしていくためには、口コミの評価は非常に重要です。

もちろん、悪い口コミが多い店舗(サービス)は逆効果になるリスクもあるため、良い評価を得られるように努めていくことが大切です。

MEO対策の注意点

違反業者にご注意ください

「スマートフォンの保有率が高まってきた」→「ローカル検索が一般的となった」→「MEO対策の重要性が高まった」というフローが確立する中で、同じく増えてきたのが「MEO業者」です。

「MEO対策します!」
「Googleマップで●●と調べた時に1位にします!」

というような表現で営業(営業電話・DM)を配信してくるインターネット業者が存在します。

MEO業者に気をつけるべき理由

MEO対策を進めていくには「Googleマイビジネスの管理権譲渡」を求められるケースが多いです。(逆の表現をすれば、Googleマイビジネスの管理権がないとMEO対策を施すことが難しい)

MEO業者に管理権を譲渡(もしくは管理権共有)してしまうと、あなたのビジネジス情報(住所・電話番号等の基本情報、口コミの返信機能など)を自由に操れる環境になってしまいます。中には、成果報酬型の広告を同時に販売し、マイビジネス上の電話番号を勝手に書き換えてしまう業者も存在します。店舗経営者が知らないところで、そのような行為をされてしまった事例も現に存在します。

また、MEO対策において「ガイドライン違反」を繰り返している業者も多々存在します。

例えば、ビジネスの名称にセールスコピーを含める行為

  • ×:「グーグルカフェ|口コミで話題の人気店」
  • ×:「グーグルマッサージ|エリアNo.1」

のような店舗・施設名は、禁止されています。Googleのガイドライン違反です。

  • ◯:「グーグルカフェ」
  • ◯:「グーグルマッサージ」

のように、正しく表記する必要があります。

このようなガイドライン違反を実施する業者が増えています。

この行為を何度も繰り返すと、Googleマップ上から(Google側から)あなたのビジネス情報が削除されてしまう可能性が高いです。注意しましょう。

MEO業者に気をつけるべき理由

MEO対策を進めていくには「Googleマイビジネスの管理権譲渡」を求められるケースが多いです。(逆の表現をすれば、Googleマイビジネスの管理権がないとMEO対策を施すことが難しい)

MEO業者に管理権を譲渡(もしくは管理権共有)してしまうと、あなたのビジネジス情報(住所・電話番号等の基本情報、口コミの返信機能など)を自由に操れる環境になってしまいます。

なかには成果報酬型の広告を同時に販売し、マイビジネス上の電話番号を勝手に書き換えてしまう業者も存在します。店舗経営者が知らないところで、そのような行為をされてしまった事例も現に存在します。

またMEO対策において、「ガイドライン違反」を繰り返している業者も多々存在します。

たとえばビジネスの名称に、セールスコピーを含める行為

  • ×:「グーグルカフェ|口コミで話題の人気店」
  • ×:「グーグルマッサージ|エリアNo.1」

のような店舗・施設名は、禁止されています。Googleのガイドライン違反です。

  • ◯:「グーグルカフェ」
  • ◯:「グーグルマッサージ」

のように、正しく表記する必要があります。

このようなガイドライン違反を実施する業者が増えています。

この行為を何度も繰り返すと、Googleマップ上から(Google側から)あなたのビジネス情報が削除されてしまう可能性が高いです。注意しましょう。

信頼ある業者を見つけること

MEO対策の技術的な施策は限られています。

またMEO対策をより効果的に進めるには、Googleマイビジネスにリンクされているホームページとの関連性が非常に重要な役割を果たすことも立証されています。

  • Googleマイビジネスの管理権をむやみに渡さない
  • ホームページと一緒に管理してくれるWeb業者を見つける

以上の2点に気をつけながら、運用することをおすすめ致します。

MEO代理店をお探しの方は、一度、株式会社MIRAIZUまでご相談ください。

只今、無料相談実施中です。

一番上に戻る

問い合わせはこちら

TEL022-208-8985OPEN 9:00~18:00
CLOSE 土・日・祝祭日