各種保険

接骨院・整骨院にて保険治療を受けることは可能です。当院でも保険治療か自費治療かを的確に見極め、患者さまにしっかりとご説明してから治療を開始しています。

保険が適用される症状・ケースと適用されない症状・ケースについて、ここでご説明しますので、ご来院の際にぜひお役立てください。

保険が適用される症状・ケース

怪我

怪我骨折、脱臼、捻挫、挫傷(肉離れ)、打撲などの怪我は、健康保険適用内で治療を受けられます。

  • 「スポーツ中に怪我をした」
  • 「階段から転げ落ちた」
  • 「重いものを持っていたら腰を痛めてしまった」

・・・など、急性の症状に保険が適用されます。寝違えやぎっくり腰などの症状も保険適用内となります。

なお、骨折と脱臼で治療を受ける場合は、必ず医師の同意書をお持ちのうえでのご来院をお願いいたします。応急措置として骨折と脱臼の治療を行う場合は、同意書は不要です。

仕事中の怪我

仕事中の怪我労働中・通勤中に怪我などの症状があらわれた場合、労災保険で治療を受けられます。手術後のリハビリも労災保険適用内となります。

労災保険は、業務上・通勤途中の負傷、疾病、身体障害、死亡に対して適用される労働者災害補償保険のことで、正社員のみならずアルバイト・パートに適用されます。休憩中や出張中での怪我も労災保険の対象に含まれます。

労災保険は事業主の証明書があれば手続きを必要としないので、治療を受ける患者さまにとってのメリットが多いとされています。また、労働基準監督署が治療費を全額請け負うことになっているため、患者さまが治療費を負担する必要はありません。

さらに、「休業した場合に休業補償を受けられる」「長期療養の場合に療養補償・後遺障害の障害補償を受けられる(程度による)」などのメリットもあります。安心して治療に専念し、スムーズな職場復帰を可能にするためにも、労災保険は非常に役立ちます。

交通事故

交通事故交通事故による怪我や症状への治療には、自賠責保険が適用可能です。その際には医療機関による同意書と診断書が必要になりますので、ご来院前に必ず病院に行っていただくようお願いいたします。

治療には自賠責保険が適用されるので、患者さまが治療費を負担する必要はありません。交通事故後の症状が後になってあらわれることを踏まえ、治療期間中に治療が必要な部位が増えた場合にも、治療費がかからない仕組みになっています。

また、慰謝料の請求もできるので、交通事故に遭われた場合は自賠責保険の適用をおすすめします。

保険が適用されない症状・ケース

保険が適用されない症状・ケース一方で、慢性的な肩こりや腰痛、四十肩・五十肩は保険が適用されず、自費で治療を受けていただくこととなります。野球肩・テニス肘・シンスプリントなどのスポーツ障害も場合によっては自費治療となります。

保険適用内・適用外に関わらず、怪我や不調には早めの対応と適切な治療が大切であることは変わりません。スムーズな症状回復を目指すためにも、「保険が適用されないから」と諦めず、接骨院や整骨院での治療を受けましょう。症状によっては日常生活に支障をきたすレベルにまで悪化するものもあるので、安易な自己判断はかえって危険です。

また、問診や触診の結果で治療が保険適用内となるケースもあります。そのようなことにも対応しますので、お困りの怪我や症状がありましたら、ぜひ陽ので接骨院までご相談くださいね!

一番上に戻る

問い合わせはこちら

TEL022-208-8985OPEN 9:00~18:00
CLOSE 土・日・祝祭日